お葬式で知っておくべき基礎知識!香典返しで失敗しないコツや基本を分かりやすく紹介

当サイトはお葬式で知っておくべき基礎知識として大切な、香典返しで失敗しないコツや基本を分かりやすく紹介しています。
分からないことも多い葬式や香典について知りたい人におすすめです。
香典の返しの挨拶状では句読点を使わないのが一般的です。
また香典のお返しの掛紙に記載する文字は地域や宗教の違いもあるので、よく確認しましょう。

お葬式で知っておくべき基礎知識!香典返しで失敗しないコツや基本を分かりやすく紹介

お葬式や香典返しについて分からないことが多いため不安だという人もいるのではないでしょうか。
香典返しは頂いた香典に対するお返しで、基本的には四十九日を過ぎたら挨拶状とともに品物を贈るのがマナーです。
仏式では四十九日ですが、神式は五十日でキリスト教では30日目のミサの後となります。
失敗しないためには、香典返しに適した後に残らない海苔や日本茶といった品物を選ぶことが大切です。
また掛紙を弔事用のものにする必要があります。

香典返しに挨拶状は添えるべき?正しい書き方と注意点

一般的に香典返しには挨拶状を添えますが、書く上で様々な注意点があります。
まず忌み言葉を避けることです。
「迷う」や「消える」などは不幸を連想させますし、「度々」や「いろいろ」といった言葉は不幸が重なることを連想させてしまいます。
また、故人の名前の書き方にも注意が必要です。
故人の名前は、「亡母」や「亡祖父」といった関係性を記載したあとにフルネームで書きます。
そして句読点も打ちません。
読点の代わりに空白を使い、句点の代わりに改行を用いて表現するからです。
さらに、仏教・キリスト教・神道などの宗教の違いにも注意しなければなりません。
例えば仏教の四十九日法要は、キリスト教のカトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは記念集会と呼び、神道においては五十日祭と呼ぶので、それぞれの信仰に合った表現をしていきます。
他にも、香典返しよりも先に挨拶状が届くようにすると丁寧ですし、通夜や葬儀の当日に渡す場合は必要ないなど、様々なマナーやルールがあります。

挨拶状を送る場合は忌が明けた後に香典返しに添えて送るのがマナー

大切な人が亡くなるのは誰にとっても悲しいものですが、永遠に塞ぎ込む訳にもいかず、どこかのタイミングで前を見て歩くべき日がやって来ます。
だからと言って一方的に挨拶状だけを送ってしまえば、まだ遺族の心が整っていない状態なら失礼に当たることもあります。
そこで生まれたのが、喪中の間は故人をしっかり偲ぶ期間とし、それを一区切りにして以前のような日常を取り戻すという風習やマナーとする方法でした。
これで香典返しや挨拶状を出したいという意思と、遺族が気持ちを切り替える瞬間を両立することができます。
一般的にマナーとされているのが、喪が明けてから香典返しに添えて挨拶状を送るという方法で、遺族と同じように故人を偲んでいる意思を示すのと同時に、葬儀の際にはお世話になりましたという気持ちや、今後も遺族に寄り添うなどの心を込めます。
香典返しの中身には線香やロウソク、お菓子のほか、石鹸やシャンプーなどの遺族の生活に役立つ製品が選ばれています。

香典返しを送るタイミングは仏式や神式で異なる?

葬儀は一生の中で何度も経験するものではないので、香典返しについてもよく分からないという人が多いかもしれません。
何を選べば良いのか頭を悩ませている人もいるかもしれませんし、いつ渡せば良いのか分からないと困っている人もいるかもしれません。
香典返しを贈るタイミングは一般的に忌明けの法要が終わった後から1か月以内を目安にするべきとわれており、30日から60日程度になるケースが多いです。
仏式や神式など宗教ごとにタイミングが異なるので注意が必要です。
仏式では49日の忌明け法要から1か月程度とされていますが、神式では50日目の五十日祭から1か月程度とされているので宗教や宗派によって微妙に異なってくるでしょう。
さらに地域によって独自の風習があるケースも少なくないので、事前に周囲の人に確認したうえで準備するのがおすすめです。
忙しい中で葬儀に参列し故人を偲んでくれた大切な人たちに、感謝の気持ちを伝えられるようにしましょう。

香典返しに添える挨拶状は神式や仏式で違いはある?

香典返しを贈る際は挨拶状を添えるのがマナーですが、挨拶状には「謹啓、拝啓などの頭語」「会葬や香典に対するお礼」「忌明けの法要が無事に終わったこと」「香典返しを贈ったこと」「お礼を略儀で済ませることへのお詫び」「敬白、敬具などの結語」「日付」「差出人の名前」といった内容を記載します。
挨拶状を書く際は句読点を使わないとともに、「たびたび」や「ますます」などの繰り返し言葉を避ける、逝去という言葉を使わないといったポイントを押さえておくことが大切です。
また、香典返しに添える挨拶状の内容は宗教によって大きな違いはありませんが、使用すべき言葉が異なるので注意が必要です。
例えば、仏式では亡くなることを死去と書きますが、神式では帰幽という言葉を使います。
さらに、キリスト教の場合はカトリックでは帰天、プロテスタントでは召天という言葉を使うのが一般的です。
このように、宗教によって表現の方法が異なりますが、現在はインターネットで検索すれば各宗教ごとの例文が簡単に見つかるので、挨拶状の書き方に迷った際は参考にすると良いでしょう。

香典返しで商品券を避けた方が良い理由とは?

香典返しとは香典を渡してくれた葬儀の参列者にお返しする品物のことであり、感謝の気持ちや弔事が無事に完了したことを伝える役割があります。一般的に食品や消耗品などの消えものを選ぶのが良いとされているのが特徴です。これは悲しいことや不幸なことを繰り返さないようにという願いが込められており、お菓子やお茶・海苔などの食品系や洗剤・タオルなどの消耗品系が人気の高い品物として多くの人から選ばれています。最近では品物ではなく相手が好きなものを選べるという理由でカタログギフトを選ぶ人も増加しているでしょう。しかし商品券を香典返しとして活用することに対しては賛否両論あるため、基本的には避けておくのがおすすめです。せっかくいただいた香典に対してお金を返すような印象になりがちであり、さらに金額が露骨に伝わってしまうことが避けた方が良いとされる主な理由とされています。どうしても商品券を渡したい場合は、一緒に少額のお菓子などを包む方が感謝の気持ちが伝わりやすいかもしれません。

香典返しの粗供養は何を意味するもの?

香典返しは葬儀に参列して香典を渡してくれた方々に渡すお返しであり、感謝の気持ちを込めて品物を選ぶ必要があります。香典返しの粗供養とは葬儀の日に受付でひとまず渡す品物のことであり、参列者全員に同じものを準備するのが一般的です。大きく分けて二つの考え方があるとされています。一つは香典の相場の半額程度の品物を返すというもので、もう一つはひとまず低額なものを選び後日別途お返しを渡すというものです。 香典返しは本来無事弔事が終わったことの報告と感謝の気持ちを込めて、四十九日法要の時期を目処にお返しを渡すのが一般的とされていますが、参列者全員に発送の手配をとるのは遺族の負担が大きいため、葬儀当日の返礼品で即日返しを行うケースも多いでしょう。その場合はお菓子やカタログギフトなどの人気が高く、いただいた香典があまりも多い場合は後日追加でお返しを渡します。低額なものを当日を準備して後日改めて香典返しを準備する場合は、粗供養としてタオルやハンカチなどちょっとした小物を準備するケースが多いとされています。

香典返しの満中陰志とは?粗供養や志との違い

満中陰志とは、西日本で用いられている香典返しの呼び方です。満中陰とは仏教用語で、四十九日の忌明けを迎えて無事に成仏したということを意味しています。つまり四十九日法要と同じ満中陰法要の後に、法要を無事に執り行うことができた報告や葬儀・通夜などへの参列、香典への感謝の気持ちを表すためのものです。混同しやすい言葉に粗供養がありますが、こちらは葬儀や法要に参列して供養してくれたことへのお礼で、香典返しではありません。会葬礼品などと同じもので、葬儀や法要で供養してくれた人への粗品という意味もあります。そして志とは、忌明けを迎えた法要に対する感謝の気持ちを表すもので、満中陰志と同じ意味で使われます。正式には忌明志と言いますが、掛け紙の表書きに「志」と書くのが一般的です。ただし東日本では「志」に統一されていることが多く、京都では忌明志の方がよく使われています。地域によって言い方が異なるので、注意するべきであるといえます。

香典返しは葬儀を依頼した葬儀会社に品物を用意して貰う方法がある

香典返しは葬儀会社によってまちまちのため、品物をどうするかは最終的に本人が決めることです。多くは葬儀会社にお願いする方が多いです。その方が手間がかからずにいいからです。香典返しもいろいろありますから、他のものを参考にしてもいいかもしれません。内容も違いますから自分が好みのものをするといいでしょう。結局のところ、香典返しは相手に対する気持ちの問題のため、まったく気にされない方も少なくないようです。どのようなものがいいのか、どのようにしてお渡しするかなのです。一番良いと言ったことはないですから自分でこれが良いと思ったらそれにした方がいいのです。お菓子類や積用雑貨なんであり、まったくされないこともあります。それは価値観の問題と、相手に気を使いたくないと言った気持ちの持ちようなのです。家族で決めても自分一人で決めてもお同じですからどういったものかを知人に尋ねてみるといいです。まずは健康的になりましょう。

香典返しの品物でお茶や海苔が多い理由とは?

香典返しには、お茶や海苔が多く選ばれると言われています。その理由は定かではありませんが、これらのような食品であれば食べたり飲むなどしてなくなってしまうので、後に残らないとして選ばれているようです。一方で現実的な意味でも、香典返しにこれらの者が選ばれる理由はあります。どちらも多くの人に嫌われていないということです。日本人であれば多少の好き嫌いはあれ、こうした食品を強く毛嫌いする人はいないのではないでしょうか。そのためどのような方に対しても通用する食品と考えられます。保存がきくという点も見逃せません。どうせ食べ物を送るのならばとお肉やお魚を選んでしまう人もいるかもしれませんが、それらの食材は賞味期限が非常に短いのが欠点です。受け取った相手が忙しいあまり、つい食べるのを遅らせてしまうと捨てられてしまうかもしれません。場合によっては古くなった食材を無理やり食べて中毒を起こす可能性もあります。お茶や海苔のような乾物ならば、賞味期限が長いので贈り物として最適です。

筆者:葛原正臣

筆者プロフィール

熊本県熊本市生まれ。
お返しやギフトで迷ったときはカタログギフトを贈ることにしています。
香典返し